2022.06.17 撥水コーティングで車の雨よけ

車 ガラス 撥水 車雨よけ
雨の日、車の運転はいつも以上に気を使いますよね。
窓ガラスにあたる雨だけではなく、前の車の水しぶきもかかり、視界不良で運転がしづらい。
先週、洗車したばかりなのに・・・、と思いながら車の汚れも気になってしまう。
そんな雨の日の憂鬱も吹き飛ばす、撥水コーティングのおすすめアイテムを紹介いたします。
スパっと水を弾いて、安心の雨の日ドライブへ!

ガラスに撥水コーティングをすることで、走行中に雨のしずくを吹き飛ばします。
それにより、視界をクリアに保つことができるので、急な雨でも落ち着いて安全に運転できます。
施工も簡単で、洗車の後にひと手間かけるだけ。
ワイパーも普段どおり使用できます。
特に運転に自信のない方にはおすすめです。

また、ボディへの撥水コーティングも同様におすすめです。
施工後は、走行中に水玉や汚れが流れ飛ぶため、汚れがつきにくく、キレイな状態が長続きします。
一度施工するとしばらくは、水洗いだけでも汚れが落ちるため、メンテナンスも楽になります。

オーソドックスな「塗るタイプ」。
使い方は洗車後、ガラスが完全に乾燥したら、押して液を出し、やや強めに押しつけながら塗ります。
5~10分乾燥させたら、固く絞った濡れタオルで、「塗りこむようなイメージ」で吹き上げます。

冬季は霜や雪も凍り付きにくくなるため、凍結予防にもなります。
ガラスだけでなくミラーにも使用できます。

こちらは「スプレータイプ」。
使い方は洗車後、水を拭き取り、約2秒間均一になるようにスプレーします。
その後、固く絞った濡れタオルで、「液を塗り広げるようなイメージ」で拭き上げます。
広範囲への噴霧と、遠くまで噴射できるジェット噴射の二通りで使うことができます。
ガラスだけでなくミラーにも使用できます。

こちら、雨の日にも使うことができるので、急な雨でも安心です。
雨の日に使う場合は、ワイパーを動かしながら約2秒間スプレーします。

ボディに使える艶出しコーティング剤の紹介です。
高撥水効果で、水玉や汚れを付きにくくして、さらに透明被膜でツヤツヤの光沢ボディを作り出します。
こちら、ボディの他に、窓ガラス、ヘッドライト、ホイール、メッキ部分、車内のダッシュボードにまで使えます。

洗車後の濡れたボディにスプレーして、付属の専用マイクロファイバークロスで、水ごと拭き上げます。
さらに乾いた状態で再度、スプレー、拭き上げることで、より一層効果を出せます。
全塗装色対応、ノーコンパウンドのため車のカラーを選びません。
目安として、これ1本で普通車約7台分使用できます。

初心者の方は「洗車と撥水コーティング方法」を動画でチェック!

DCM 撥水ガラスコーティング剤
成分:シリコーン、酸、イソプロピルアルコール
JANコード:4573489549965

DCM 撥水ガラスコーティング剤・耐久
成分:フッ素系撥水剤、酸、イソプロピルアルコール
JANコード:4573489549972

DCM ガラス撥水スプレー
220mL 2WAYノズル
JANコード:4573489626918

DCM サッと拭くだけスパッと水を弾く 高撥水ボディコート
300mL 全色対応 ノーコンパウンド マイクロファイバークロス付き
JANコード:4573489626901

※一部商品は季節商品のため、なくなり次第終了となります。また、店舗によりお取り寄せとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※掲載商品はお近くのDCMグループ(DCM、DCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねや、ケーヨーデイツー)で販売しております。下記、「お近くの店舗を探す」から近くの店舗を探すことが可能です。

Relation 関連記事

20220614154105