2021.08.20 【おすすめ工作】段ボールでシューティングゲームを簡単DIY

おうち時間に簡単工作!身近な材料で工作はいかがですか?
今回は段ボールとマグネットを使ったシューティングゲームをご紹介します。
使う道具も少なく、型紙をダウンロードすれば手軽に作れるのでぜひお試しください!

今回使うメインの道具は「グルーガン」です。モノとモノを接着するときに使います。次に準備するものは「カッター」、「えんぴつ」、「定規」、「ピン」、「型紙」です。最後に材料の「段ボール」「マグネット(丸型)」があれば今回の工作を始めることができます♪

準備ができたら早速始めましょう!

※グルーガンと一緒にグルースティックも忘れずに準備をしましょう。

段ボールの上に型紙を固定して置きます。線と線が交わる箇所(角部分)にピンを使って穴を開けます。
次に型紙を外し、穴と穴を線で結んだら型紙と同じ切り取り線を写すことができます。
この時に定規を使うとしっかり線を引くことができます!

型紙の線と同じように段ボールに線を引くことができたら、カッターで切り抜いていきます。
切るとき、カッターの刃は少し出せばOKです。奥から手前に向かって少しずつ切っていきます。何度か同じところをなぞるように切り込みを入れるときれいに真っ直ぐ切ることができます♪
※カッターを使うときはケガに十分注意しましょう。

次にマグネットを発射するシューター本体を作ります。
切り抜いた2種類の段ボールをグルーガンを使って接着します。

続いてマグネットもグルーガンで接着していきます。

2種類の切り抜いた段ボール計8枚を次の画像のように貼り合わせていけばシューター本体の完成です。
左右の磁石が反発する向きで真ん中の溝に手で押さえながら磁石を入れます。
押さえてる手を離せば、勢い良く磁石が飛び出します!

※マグネットは向きを間違えないように、接着する前に一度確認しましょう。

マグネットのシューターが完成したら、的やゴールを作って遊んでみよう♪
ポイント対決をしたり、遊びの幅が広がること間違いなしです!

当てた的のポイントで勝負!的の形や数も自分で決められるからたくさん作ってあそんじゃおう!

人型の障害物とゴール、コートを準備すれば、ゴールにシュートを決めるゲームに早変わり!ゴールも簡単に作成できるので作ってみてはいかがでしょう?

今回ご紹介したのは磁石と段ボールをメインとした工作でした!手に入りやすい材料だと思いますのでぜひ工作の参考にしてみてください♪

整さんのてづくりぐらしで詳しい作り方が紹介されているのでぜひ動画もご覧ください!

DCM 充電式グルーガン

モーター電圧:3.6V。接着剤吐出量:約3g/分。予熱時間:約1分。ノズル温度(最大):130度。(連続使用時間)約35分・(充電時間)約2.5時間。グルースティック寸法:径7.0~7.5mm。

DCM グルースティック

約直径7.5mm×長さ100mm。簡単便利なスピード接着。溶剤を含まない100%固形なので、溶剤臭もなく快適でクリーンな作業が可能。木・布・紙・プラスチック・金属・石等いろいろな素材に接着可能。

DCM らくらく替刃カッター

適合替刃:L型刃0.5mm厚。滑りにくく持ちやすいゴムグリップ仕様。3枚まで替刃を収納できます。

※店舗によりお取り寄せとなる商品もございます。
※掲載商品はお近くのDCMグループ(DCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねや、ケーヨーデイツー)で販売しております。下記、「お近くの店舗を探す」から近くの店舗を探すことが可能です。

Relation 関連記事

20210819133720