2021.07.23 夏をもっと楽しもう♪おうち縁日「段ボール屋台」を作ってみた!

縁日やお祭りって大人も子供も楽しいですよね。焼きそばの屋台、水あめの屋台、見るだけでもワクワクします。
そんな縁日をおうちでも楽しむことができちゃいます♪
家族みんなで手作り屋台をDIYして、お祭り気分を味わいましょう。

【材料】

①DCM 段ボール NO6 強化 ×3枚
②DCM 布粘着テープ
③DCM 充電式カッター
④段ボールカッター
⑤DCM ポリエチレン手袋
⑥DCM アクリルスプレー
⑦DCM ブルーシート
⑧DCM 水性多用途ペイント
⑨装飾用の画用紙、フェルトなど
⑩マジックテープ

step.1 土台を作る
step.2 色を塗る
step.3 柱を作る
step.4 組み立てる
step.5 装飾する

今回用意する段ボールは3枚。そのうち2枚は屋台の本体、もう1枚は柱と屋根として使います。
普通の段ボールでも作ることはできますが、子供が遊ぶとすぐに壊れてしまうので、強化段ボールがおすすめです。
では、さっそく作っていきましょう♪

段ボールの上部を充電式カッターで切断します。

上部を切断した、残りの段ボールを組み立て、底の部分を布粘着テープでしっかり固定します。これを2箱作ります。
※より強度を重視したい方は段ボールを切り離さず、布粘着テープで箱の形にするだけでもOKです。

2つの箱に水性多用途ペイントで色を塗ります。アクリルスプレーでもOK!
こすり過ぎると段ボールが傷ついてしまうので、なでるように優しく塗るのがポイントです。今回は刷毛ではなく、スポンジを使いました。

段ボールをもう1つ用意し、結合部をすべて切断します。

4つに切断した段ボールの小さい面積の2枚に色を塗を塗ります。
色を塗った細い方の段ボールを2つ折りにし、折り目が付いたところから、5~6cmほど両端から切り込みを入れます。
切り込み部分を外側に広げ折り曲げてます。これで柱の完成です。

4つに切った大きい面積の段ボール1枚は屋根として使います。
屋台の土台、柱、屋根にテープ式のマジックテープを付けます。マジックテープがなければ布粘着テープで完全に固定してもOKです。
※マジックテープにすると、簡単に解体することができるので、使わないときの置き場所にも困らず、持ち運びにも便利です。

土台、柱、屋根のを組み立てれば、もうほとんど完成です!

フェルトや画用紙でお祭りっぽい飾りをつけて、できあがり~!
すだれや風鈴など、夏らしいものを飾るともっと楽しい雰囲気に仕上がります。

屋台の装飾を変えると、オシャレなカフェにも大変身♪
余った段ボールを使って、屋台本体の中に仕切りや台を作ると射的台にも!
お店屋さんの棚にもなります。
一度作れば色んな遊びができちゃう段ボール屋台、ぜひ作ってみてください♡

DCM段ボール NO6 強化

強化段ボール 宅配サイズ 120

DCM 充電式カッター T-RC36V

リチウムイオンバッテリー採用でいつでも満充電状態でOK、継ぎ足し充電もできます。握り心地がよく、手になじむラバーグリップを採用しています。コンパクトで軽量です。

ダンボールカッター

刃長(mm):128。全長(mm):240。刃:ステンレス(420J2)。柄:ABS樹脂。 段ボール、厚紙、発泡スチロールのカットに。

DCM アクリルスプレー 300mL ホワイト

乾きが速くきれいに仕上がります。(※ 乾燥時間の目安は夏期:約30分、冬期:約60分)
スプレーは幅広ボタンで、連続噴射がやりやすく、ボタンを押し続けても指が痛くなりにくい仕様です。

※ 店舗によって取り扱いのない場合がございます。また、売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。
※掲載商品はお近くのDCMグループ(DCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねや、ケーヨーデイツー)で販売しております。下記、「お近くの店舗を探す」から近くの店舗を探すことが可能です。

Relation 関連記事

20210720175345