2021.06.04 【スキレットレシピ】人気の定番料理編 お手入れ簡単「アルミスキレット」で作る絶品レシピ集

~シーズニング不要のスアルミキレットで、簡単・映えるキャンプ飯づくり~

いつもの料理が特別な料理に見えると話題のスキレット。今回は日常からスキレットを愛してやまないメンバーが、とっておきのレシピをご紹介!
今人気を集めているスキレットを使って調理してみました。
どれも簡単で美味しいのでぜひお試しください♪

※レシピ内にフタが登場しますが、DCMアルミスキレットにはフタは付属しておりません。ご自宅の小鍋のフタ等をご使用ください。

■材料

・卵:2個
・牛乳:100cc
・マヨネーズ:大さじ1
・お好きな具材(今回はほうれん草・筍の水煮・トマト・チョリソー等)
・塩・胡椒:少々

①具材を好みの大きさに切り、ボウルに入れ、マヨネーズと塩こしょうをふり入れる。
②別の器に卵と牛乳を入れ、良くかくはんし、1のボウルに入れて混ぜ合わせる。

③スキレットに具が片寄らないように入れ、見栄えが良くなるように整え、蓋をして強めの弱火で5分ほど焼く。
④底に焼き色がついたら180℃のオーブンに移し、5分程度焼いて完成。(中まで火が通ったら完成)

■完成

朝ごはんの卵料理がグレードアップしますよ。16cmのスキレットは、夫婦ふたり分で丁度良い大きさです。オーブン調理OKだから、料理の幅がぐっと広がりますよ。

■材料

・オリーブオイル(今回は2種類用意)
・お好みの具材(今回はタコ・イカ・エビ・チーズ・トマト・ブロッコリー・マッシュルーム)
・アヒージョの素
・フランスパン

①具材を食べやすい大きさにカットする。

②スキレットにオリーブオイルとアヒージョの素を入れ、よく混ぜ合わせます。①の具材をスキレットに入れ中火にかけ、火が通るまで加熱します。

■完成

スキレットで作るアヒージョはまるでお店の味。見た目が良いだけでなく、保温力が高いから、最後までアツアツで楽しめました。余熱でも火が通るから、具材の旨味が油にしっかり溶け込みますよ。

■材料

・強力粉:30g
・水:50ml~60ml(生地の状態に合わせて)
・アスパラガス:3本
・ベーコンスライス:1枚
・スライスチーズ2枚
・トマト:4個
・卵:2個(生地用1、トッピング用1)
・塩:少々

①ベーコン・アスパラガス・トマト・チーズは食べやすい大きさに切っておく。②卵は1個分溶いておく。

③ボウルに強力粉、塩をいれて、水を少しずつ加えながら練る。粉っぽさがなくなったら、溶き卵とさらに水を加えて泡だて器で混ぜる。

④スキレットを熱し、油をひいてお玉1杯分の③を流しいれ、薄く広げて焼く。
⑤ベーコン、アスパラガス、卵を置く。トッピングでトマトとチーズを置く。
⑥生地がカリッとしてきたら、皮を内側に折り込むみ、チーズが溶けるまで弱火で焼く。

■完成

そば粉を使わない即席ガレットです。スキレットだから、そのまま食卓に出せちゃいます♪スキレットはフッ素加工で表面がサラサラなので、油は控えめで料理できるところが嬉しいです!

■材料

・米:1合
・水:180ml
・サバの水煮缶:1缶
・ゴマ・刻みネギ・七味唐辛子:少々
【A】
・白だし:大さじ1
・みりん:大さじ1
・しょうゆ:大さじ1

①米を洗い30分程度水に浸しておく。

②スキレットに、米、水、サバの身と【A】を入れる。フタをしめ、沸騰するまでは中火、沸騰したら弱火で10分ほど炊く。

③フタを開け、サバの身をほぐし、再度フタをしめ5分ほど蒸らす。
④全体を混ぜて、刻みネギ、ゴマ、七味唐辛子を加えたら完成。

■完成

スキレットで作った分、アツアツのまま食卓に並べられるのが良いです。ご飯の焦げ目が楽しめます。「赤子泣いてもフタとるな」という言葉もありますが、何度もフタを開けましたがうまくいったので恐れずにチャレンジしてみてください。

■材料

・パスタ:100g(細麺6分茹)
・ウインナー:2本
・玉ねぎ:1/4個
・ピーマン:1個
・粉チーズ:少々
【A】
・ウスターソース:大1
・ケチャップ:大3

①ウインナー、玉ねぎ、ピーマンをカット。【A】の調味料を混ぜておく。

②スキレットで具材を炒める。

③炒め終えたらスキレットの半分程度水を入れパスタを折って入れる。

④フタをして、パスタの茹時間6分待つ。時々フタを開けてほぐす。

⑤茹で終えたら、余った湯は捨てる。再度炒めなおす。水分を飛ばし調味料を入れる。

⑥パスタを寄せて、スキマを作り、卵を流す。スキレットの底面に行き渡らせたら中火に。

⑦卵が軽く固まったら火を止める。早めに火から上げても余熱で固まります。粉チーズを載せて完成。

■完成

名古屋喫茶店風の、鉄板に卵を敷いたナポリタンです。懐かしい気持ちになりました。炒める・茹でるがスキレット1つでできるから、洗い物が少なくて済むのも嬉しいところ!

■材料

・クリームチーズ:200g
・プレーンヨーグルト:150g
・砂糖:30g
・卵:1個
・コーンスターチ:大さじ2
・レモン汁:1個分
・ラム酒:少々
・クッキー:敷き詰められる分だけ
・さくらんぼ:適量

①クッキーを細かく砕き、スキレットに敷き詰める。
②常温にしたクリームチーズを泡だて器でクリーム状になるまで混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜる。
③ヨーグルトを少しずつ加えながら混ぜる。コーンスターチを加えたら、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
④卵を加えさらによく混ぜ、最後にレモン汁とラム酒を加えて混ぜ合わせる。
⑤生地をスキレットに流し入れ、スキレットの縁を軽くたたいて表面を整える。
⑥さくらんぼ(お好きなフルーツでOK)を飾り、170℃に温めたオーブンで40~50分焼く。
⑦表面に焼き色が程よくついたら完成。

■完成

オーブン使用OKだから、お菓子作りにピッタリでした!

■材料

・フランスパン:1本の半分
・卵:2個
・牛乳:120ml
・砂糖:大さじ2
・バター:少々
・トッピング:ハチミツ、砂糖、バニラアイスをお好みで

①卵を割り、牛乳と砂糖を加えて混ぜ、卵液を作る。カットしたフランスパンをひたす。

②ラップをかけてレンジにいれ、600Wで表30秒、裏30秒加熱する。
③スキレットにバターを入れ、少し溶けたらパンを並べ、フタをして約5分、超弱火で火にかける。

④フタを開けてパンを返す。フタをしてさらに5分焼く。

⑤焼きあがったら、ハチミツやバニラアイス、砂糖を加え完成。

■完成

外はカリカリ、中はふんわりのフレンチトースト。ちょっと優雅な土曜日の朝ごはんに!味も見た目も家族から大好評ですよ♪レンジをかけると卵液の吸収が良くなります。フライパンよりも、カリカリに仕上がった気がします。バターの代わりにオリーブオイルを使えばカリカリ感倍増!

■材料

・ミックスナッツ:お好きな分だけ
・砂糖:大さじ1
・はちみつ:大さじ1
・水:大さじ1

①フライパンに砂糖・はちみつ・水を入れて中火で火にかけます。

②少し沸騰してきたら、ナッツを加えます。ローストされたナッツの香ばしい香りが広がります。
③ほんのり焦げ目がついたら完成。

■完成

5分ぐらいで簡単にできます。ちょっとしたおやつに♪ハニーローストナッツはなんで手が止まらないのでしょう?スキレットはオーブン使用OKなので、仕上げにちょっとだけ焼いてもおいしいですよ。

スキレットを使えばまるでカフェで出てくるような、スイーツもできちゃいますよ。アルミスキレットはフッ素コートでこびりつきにくいから、スイーツづくりにもおすすめ。オーブン調理OKなところもうれしいポイント。見た目・味も◎のスキレット調理に挑戦してみましょう!

DCM アルミスキレット 16/18㎝

熱ムラが少なく、変形に強いアルミダイカスト製。

Relation 関連記事

20210603140140