店舗使用レジ袋の変更による石油由来プラスチックとCO₂排出量の削減

  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさをまもろう
DCMグループ店舗(DCM・DCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・ DCMサンワ・DCMくろがねや及びケーヨーデイツー)では、石灰石25 %とバイオマスプラスチックを含む袋「 Bio LimeAir Bag (バイオ・ライムエアー・バッグ)」を採用しています。石油由来プラスチックとCO₂排出量を削減し、環境負荷低減に取り組みます。
2020年のレジ袋有料化に伴い、環境負荷の低いバイオマス25%レジ袋に切り替えて、使用量を約85%削減しました。そのような状況でも、プラスチック換算で年間約130tを使用しています。
そこでDCMでは石灰石と植物由来樹脂を使用した「Bio LimeAir Bag」をグループのレジ袋に切り替え、石油由来プラスチック換算で年間約41%、CO₂排出量最大27%削減に取り組んでまいります。

株式会社TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:山﨑敦義、以下TBM)が開発した、石灰石を25%とバイオマスプラスチックを含む袋です。炭酸カルシウムの均一分散技術と空隙コントロール技術の活用により、バイオマスプラスチックを約25%配合した袋と比較し、軽量で環境性能に優れています。

Bio LimeAir Bagはバイオマスプラスチックを約25%配合した袋と比較し、石油由来プラスチックの使用量を約41%削減することが可能です。

Bio LimeAir Bagはバイオマスプラスチックを約25%配合した袋と比較し、原材料調達から処分におけるCO₂を含む温室効果ガス排出量を約27%削減することが可能です。

Bio LimeAir Bagはバイオマスプラスチックを約25%配合した袋と比較し、軽量化を実現しています。

その他のプラスチック使用量削減、CO₂排出量削減の取り組み事例

1.DCMブランドの花苗に使用している商品名等を明記したラベルに、
  LIMEX(ライメックス)を使用し、プラスチック使用量の削減に取り組んでいます。

※LIMEX(ライメックス)とは、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、プラスチックや紙に代わる複合素材です。
※TBMのホームページ及びLIMEXに関する情報はこちら https://tb-m.com/

2.「DCM 超簡単!らくらく栽培セット」に使用している鉢をプラスチック製から、
  麻布製に変更することによりプラスチックごみ排出量の削減に取り組み、
  サステナブルなくらしをご提案しています。 

※記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。