自然環境保護の取り組み

DCMでは、カミネッコン(ダンボール製苗木ポット)を用いた植樹活動を行っております。北海道函館市恵山にある植樹地では函館市内・近郊の従業員による植樹を行っております。
また、水源の森を創るため、札幌市および近郊や岩手県盛岡市の環境イベントで市民の皆さまと協力してつくったカミネッコンを使い、北海道当別町の道民の森と岩手県奥州市胆沢区の土砂採掘跡地それぞれに植樹を行いました。その他、認定こども園や高齢者施設ではカミネッコンづくりや苗入れを通して植樹や啓発活動を行っています。
これからも子どもたちの笑顔が絶えない、緑あふれる社会を目指し活動を続けてまいります。

カミネッコンとは東三郎北海道大学名誉教授が発案され、自然に優しい再生ダンボールを使った森を作るためのポットです。紙で根っこをコンパクトに守るという意味があります 。はじめての方でも簡単に作成することができ、植樹場所まで行かなくても植樹活動に参加することができます。
カミネッコンを作って、絵を描いたりして楽しみながら活動に参加できることも特徴です。