2022.07.15 DIY初心者さんにおすすめ!
とよた真帆厳選の手工具12アイテム

自ら数々のDIY作品を手掛けてきた、DIYのベテランである「とよた真帆」さんが、これからDIYをはじめてみたい初心者の方のために、DIYをはじめるうえで最初に揃えておきたい12の手工具を選んでくれました。 DIYに挑戦してみたいけれど、どんな工具があればいいのかわからない、という方は是非こちらを参考にしてみてください。

SNSなどで個性的で素敵なDIYの作品を見ていると「こんなものが自分で作れるのなら、私もDIYに挑戦してみたい!」なんて、思う方もきっと少なくないはず。
でも、DIYで何かを作ってみようとなったときに、アイデアや材料に加えて絶対に欠かせないのが工具類です。ドライバーやペンチなどはご自宅あるかもしれませんが、それだけの工具でDIYの作品作りができるかというと、不足する場面もでてくるでしょう。
作りはじめてみたら「あの工具が足りなくて作業ができない!」 なんてことにならないよう、ノコギリやメジャー、金づちやノミといった基本的な手工具は、DIYをはじめる前に揃えておく事をおすすめします。
でも、基本的な手工具といわれても、どんなものがいいのか、何が必要なのかが分からないかもしれませんね。
そこで私、とよた真帆が今までDIYを経験してきて「これは必要だな」と思った中でも、特に欠かせないと思う手工具を皆さんの参考になるように集めてみました。
こちらで紹介した手工具はにいけばどれも簡単に揃えられるものばかりです。もちろん、一度に全ての工具を揃える必要はありません。でも、工具が揃うと、「これがあれば何かができそう、作品作りがしてみたい!」なんて気持ちも沸き上がってくるかもしれませんよ。よかったら参考にしてみてください。

真帆さんセレクト、おすすめ手工具12選

ノコギリは、片刃の万能タイプと薄い素材のカットに便利な導付きノコギリ、そしてダボをカットするための専用のダボ切りノコギリの3タイプがおすすめです。

導付きノコは、薄い素材のカットや精密な溝切に便利です。

ダボ穴に打ち込んだダボの頭をカットするには、専用のダボ切りノコが必須です。

Z ハンディ200大工目本体 15086

大工用ハンディーノコギリです。

Z ライフソークラフト145 30023

埋木の切断・凸部の切断。刃にアサリが無いため、板面に傷が付かず埋木だけを切断できます。ライフシリーズの替刃が使用できます。刃先に衝撃焼入れを施しており、靭性・耐久性に優れています。替刃の着脱はネジ式のため、安全で簡単です。

こちらは、9mm、15mm、24mmの3種のノミがセットになった「追い入れノミ」セットです。

相欠き継ぎなど木材の一部を切りかく加工にはノミが欠かせません。

利一 追入ノミ 3本組

手仕上げによる丁寧な研ぎを施しました

釘打ちだけでなく、カンナの刃の調整やダボ打ち、部品どうしの組み合わせがきつい場合に叩き込む際などにも必要です。

両口玄能 225G

三重クサビで抜けにくい。最初は平面で打ち、最後の方は凸面で打つと、木材の表面をキズつけにくく、キレイに仕上がります。

木材のバリ取りや角の面取りや、部品の細かな調整に使用します。

荒れている木材の表面を滑らかに仕上げるのにはカンナが便利です。

創 豆平鉋 2枚刃 42mm 赤ラベル

サイズ/仕様:42×210mm/赤ラベル

使いやすい小型タイプ。

寸法を測るだけでなく、カッターを使った作業にも必要です。カッティング定規があると安全にカッティング作業が行えます。

シンワ アル助 65331

サイズ/仕様:35×5×310mm
軽くて錆びず、丈夫です。

材料への墨付け作業や、直角や平面の確認に使用します。最初は30×15cmサイズのものがあればいいでしょう。

シンワ サンデーカーペンター表裏同目 30X15cm 12435

竿・角共に薄く平く、ケガキやすくなっています。

幅2cm程度、長さは3.5mか5.5mのものがおすすめです。

メジャーは1m以上引き出したときにも簡単に折れず、ロック機能があると使いやすいでしょう。

コメロン セルフロック KMC-36

サイズ/仕様:19x5.5m/メートル目盛
●安全で便利なオートストップ機能が付いたメジャーです。

段ボールや薄いベニヤ板もカットできる刃幅18mmの大型刃タイプがおすすめです。

カッターを使う際はカッティング定規も合わせて使いましょう。

DCM ラバー グリップ カッター T-2026

カラー:オレンジ
紙やダンボールの切断などに。

ドライバーは家具や家電の組み立てにも欠かせません。

使用頻度が高いのはプラスドライバーの2番です。1番と2番のプラスドライバーが含まれたセットを最初に揃えるのがおすすめです。

DCM ドライバー セット T-2048 8本組

ソフトで握りやすいマスターハンドル付き。

ネジなどの小さな部品を掴んだり、ワイヤー類の切断や細かな作業に欠かせません。

DCM JISラジオペンチ

DCMブランドオリジナル商品

針金や電線などの切断に欠かせない工具です。DIYでは、150mmほどのサイズのスタンダードなニッパーが使いやすいでしょう。

DCM JISニッパー

DCMブランドオリジナル商品

墨付けなど材料に寸法を書き込むのに使います。木材などに書き込んだ際も芯が折れにくい建築用の2.0mmシャープペンがおすすめです。合わせて消しゴムも必要です。

フエキ FKシャープペンシル 2.0mm 黒 SPF20-BK

木材・コンクリートなどにも滑らかに書ける、折れにくい2.0mm芯です。

トンボ鉛筆 トンボ MONO消しゴム JSA-261

消しゴムのド定番、モノ消しゴムです。

まとめて収納できる工具箱もあわせて用意しましょう

細々とした工具類は、作業で必要になった時に、すぐに取り出せるようにひとつにまとめて収納しておくのが良いでしょう。
また、工具の中には扱いに注意が必要な刃物もありますし、金づちなど重いものもあるので、しっかりとした素材でできた、ある程度頑丈なものが必要だと思います。
大きさも、DIYの経験を積んでいくと、必要な工具もどんどん増えてくるはずですので、余裕をもって十分な容量のあるものを用意したほうが良いでしょう。
おすすめはプラスチックでできた工具箱です。これなら軽いですし、運ぶときに収納した工具がぶつかり合ってガチャガチャといった大きな音も立てません。
プラスチック製の工具箱には、カラーやサイズなど様々なものがあります。お気に入りのものを探してみてください。

DCM ツールケースS T-IR001

サイズ/仕様:380×220×190mm
高さのある物も収納可能な可動式トレー採用

※上記画像の商品とは異なります。

Relation 関連記事

20220714151547