2022.07.15 クギ打ち、ノミ打ち、組み付けに活躍

DIYで木工作を行うなら、是非一つは持っておきたいのが金づちです。金づちはクギを打つだけでなく、カンナの刃の調整やダボ打ち、さらに部品どうしの組み合わせがきつい場合に叩き込むなど、様々なシーンで役に立ちます。 DIYにおける基本の道具ですので、その選び方や使い方は是非把握しておくべきでしょう。そんな金づちについて、その使い方などをご紹介します。

金づちはクギを打つほかにも、木材の継ぎ手をはめ合わせたり、組み付ける部材を押し込んだりするときに、叩く道具として使います。木材のつなぎには木ネジを使うことが多くなりましたが、隠しクギや真ちゅうクギを使って美観よく仕上げたい作品などもあり、まだまだ手放せない工具です。
その種類も数多く、頭の両側が打撃面になっているもの、片側がクギ抜きになっているもの、細くとがっていたり、薄くとがっているものなど、様々な形のものがあります。
その中でも代表的なものは、両側が打撃面の「両口玄能」です。ノミ打ちにも適しているので、木工用に1本持っておくのにおすすめです。
金づちのサイズは、頭の重さで表されます。重いものほどクギを打ちこむ力は増しますが、あまり重いと振りにくくなります。最初は中くらいの400g弱のサイズが使いやすいでしょう。
金づち以外にも打撃用の工具には、木づち、ゴムハンマー、プラスチックハンマーなどがあります。これらの場合、直接材料をたたいても表面にあとが残りにくいので、家具づくりが多い方は組み立てのときに重宝します。ときどき使う程度なら、当て木をして金づちで叩くことで代用できます。

金づちの各部紹介

①平
打撃面が平らな側。釘以外にノミを打ったり、かんな刃を調整するときに使います。

②木殺し
打撃面が少し膨らんだ曲面になっています。

③頭
片側がクギ抜きやクギ締めになっているなど、様々な形のものがあります。

④柄
木製や、金属にゴムなどの滑り止めグリップがついたものがあります。

片方の手でクギをまっすぐに持ち、クギが自立するまでは、金づちを小さく振って軽くトントン打ち込んでいきます。クギが自立したら、その後は押さえていた手を離して大きく振ってクギを打ち込んでいきます。肘から先を振り子のように動かし、同時にスナップを利かせましょう。
金づちは、力まかせに打つのではなく、頭の重さをいかして振り下ろすのがコツです。当たる瞬間に手首を利かせてしっかりと力を伝えると、曲がらずにまっすぐに強く打つことができます。

金づちの中でも、両口玄能はクギ打ちに最適とされています。その理由は、打撃面の一方が「平」、もう一方が「木殺し」になっており頭部分の左右それぞれ微妙に形が違っているからです。
名前の通り「平」の方は平面になっていますが、もう一方の「木殺し」はわずかですが、曲面(凸面)になっています。
「平」のほうだけでクギを最後まで打ち込むと、クギの頭だけでなく材料そのものにも打撃を与えてしまい跡がつき、表面に傷がついてしまうことがあります。
しかし、途中まで「平」で打ち込み、最後に「木殺し」を使うと、凸面となっている部分がクギだけに打撃を与え、クギの周辺の材料に金づちの頭が当たらず、傷がつきにくいため、仕上がりがきれいになるのです。

こちらが「木殺し」です。よく見ると打撃面が曲面(凸)になっているのが分かります。クギの最後の打ち込みに使うと、盛り上がった部分だけがクギの頭に当たります。

こちらが「平」です。分かりにくいですが「木殺し」よりも平面に近い形状となっています。こちらで最後までクギを打ち込むと、平面のため材料にも打撃を与えキズをつけてしまいます。

釘打ちの最後の仕上げは「木殺し」の方を使用します。

このように材料に傷がつきにくく、クギを最後までしっかり打ち込むことが可能です。

両口玄能 225G

三重クサビで抜けにくい。最初は平面で打ち、最後の方は凸面で打つと、木材の表面をキズつけにくく、キレイに仕上がります。

Relation 関連記事

20220714142104