2022.07.08 木材を安全かつ正確に、直線を切ることができる電動丸ノコ

木材を安全かつ正確に、直線を切ることができる電動丸ノコ
いくつもの木材を決められた寸法に切断するような作業にとても便利な電動工具が電動丸ノコです。電動丸ノコは円盤に超硬チップのついた「チップソー」と呼ばれる刃を回転させることで、木材などの材料をきれいにまっすぐ切断します。 また、平行定規などを使用することで手ノコよりも高い精度で切断が可能です。DIYで木工を行う際には是非欲しい、そんな電動丸ノコについてその機能や正しい使い方をご紹介します。

電動丸ノコは高速回転する刃で安定して切り進むので、切り口もなめらかです。切断する材料が多い家具やウッドデッキの製作では、作業効率アップのために使いたい工具です。
コードタイプが主流だった電動丸ノコにも、最近は充電式のコードレスタイプが増えてきました。電源はバッテリーなのでコードタイプに比べても取り扱いやすく、初心者にも扱いやすいといえます。

①トリガースイッチ
引くとノコ刃が回転し離すと止まります。

②ロックオフボタン
安全機能です。このボタンを押し込んだ状態でないとトリガースイッチを引けません。

③ベースプレート
材料に押し当てて本体を安定させるための金属板です。

④スライド安全カバー
作業しないときの刃を覆います。切り進めると材料に当たって開くようになっています。

⑤ベース固定ノブ
ベースプレートを固定しているネジです。緩めるとベースプレートの角度を変更できます。切断傾斜角度の調節ができます。

⑥平行定規固定ノブ
付属の平行定規を固定するためのノブです。

⑦ノコ刃(チップソー)
ノコギリ刃がついた円盤状の切断工具です。木工用、金属用、樹脂用などがあります。

⑧バッテリー
電源用のバッテリーです。複数用意することで連続した作業が可能です。

⑨切り込み深さ調整クランプ
ロックを解除することでベースプレートの角度調整ができ、材料に対してのノコ刃の切り込む深さ(刃の出具合)を調整することができます。

⑩安全カバー
ノコ刃を覆っている安全用のカバーです。

電動丸ノコのノコ刃(チップソー)の取り付け、交換の際は安全のために必ず電源を切り、バッテリーを取り外した状態で行って下さい。
またノコ刃には素手で触れずに、手袋などで手を保護した状態で作業を行いましょう。
ノコ刃の固定には、ノコ刃固定ネジを使用しますが、交換や取り付けを行った際は、このネジがしっかり締まっていることを確認してから電動丸ノコを使用するようにしましょう。
ノコ刃は規格があっていれば市販のものを取り付けることが可能です。ノコ刃の規格には代表的なものに、145mm、165mm、190mmの3種類がありますが、必ずその電動丸ノコにあったものを取り付けるようにしてください。

ノコ刃の交換、取り付けを行う際はまずバッテリーを外し誤って動作しないようにします。そして切り込み深さ調整クランプを緩めてベースプレートいっぱいまで引き下げます。

次にこちらの電動丸ノコ場合はこのシャフトロックボタンを押し込んで主軸が回らないように固定します。

スライド安全カバーをいっぱいまで引き下げた状態で六角棒レンチでノコ刃固定ネジを緩め、ノコ刃固定ネジとワッシャー状のアウターフランジを引き抜きます。

手袋を装着して手を保護した状態でノコ刃を取り外します。

ノコ刃の取り外しが完了です。

新しいノコ刃を装着する場合も、ノコ刃は素手で触れず手袋で手を保護してください。

ノコ刃を本体のインナーフランジに取り付けます。説明書を読み、ノコ刃は正しい方向に取り付けてください。

アウターフランジ→ノコ刃固定ネジの順番で取り付け、六角棒レンチでノコ刃固定ネジを締め付けてしっかり固定します。

ベースプレートを元に戻し、これでノコ刃の取り付けが完了です。

電動丸ノコを使用する場合、木材など切断する材料の厚みにあわせて切り込み深さ(刃の出具合)を調整する必要があります。ノコ刃が出すぎていると電動丸ノコへの負荷が増えるなど危険なことがあるので、材料よりノコ刃が少し出る程度の量に調整しましょう。
なお、切り込み深さの調整作業を行う場合は必ずバッテリーをはずして、誤って動作しないように安全を確保した状態で行ってください。こちらの電動丸ノコの場合、切り込み深さの調整方法は以下の通りです。

切り込み深さ調整クランプを緩めてベースを動かせるようにします。

切断する材料にあわせて、ノコ刃が材料から少し出る程度に調整し、クランプを戻して固定します。

角度をつけて切断する場合

大抵の丸ノコは、最大45度まで刃を傾斜させて切断することができます。ベースプレートを調整して角度をつけて切断することで、例えば額縁などの枠もの、棚などの箱ものなどのパーツの切断面を正確な角度でカットすることができます。
枠どうしを45度で突き合わせて組み合わせる時などに活躍してくれます。

バッテリーを外し、安全を確保した状態で、まずベースプレート前方にあるベース固定ノブを緩めます。このようにベースプレートには角度が刻まれているので正確な角度で傾斜させることが可能です。

任意の角度までベースプレートを傾斜させたらベース固定ノブを締めつけてベースプレートを固定します。

ベースプレートに角度をつけた状態で切断をすることで、任意の角度での正確なカットが可能となります。

平行定規を使って真っすぐに切断する方法

電動丸ノコで材料を正確に真っすぐ切断する場合、付属の平行定規を使用することで材料の端と平行した切断が可能になります。

こちらが平行定規です。T字となっている突き当て部を、板端に沿わせながら丸ノコを進めることで、板の端と平行にそろった正確な直線で切断が可能になります。

平行定規はベースプレートに取り付けて使用します。

薄い板材の切断に平行定規を使用する場合、平行定規の突き当て部がうまく板端に接触しないことがあります。そういった場合はこのように端材を両面テープなどで貼り突き当て部の厚みを確保しましょう。

切断したい板の幅の寸法に合わせて、平行定規の内側の面と刃の間を調整。平行定規を木材の端に合わせ、沿わせるように丸ノコを進め切断すると板端と真っすぐ平行なカットができます。

DCM 10.8V 充電式 丸のこ セット

小型・軽量の片手サイズ丸鋸で、木工薄板を軽快に切断、傾斜切断も可能です。人間工学に基づく操作性、作業性を重視したデザイン。

Relation 関連記事

20220701162520