2022.07.01 大量の段ボールやカーペットなどを楽々処分!

ごみの処分で手間のかかるものが段ボールやカーペット、梱包用のビニールシートなどです。最近はネット通販を利用する機会も増え、こういったものをどう処理すればいいのか困っている方も多いはず。ハサミやカッターで細かく切り刻めば良いのですが、量が多いとそれも手間がかかって大変。 そんなときにあると便利なのが充電式カッターです。電動式なので力もいらず簡単に大量のシート類をカットできます。また直接刃物に触れることがないので安全です。そんな充電式カッターとはどのようなものなのか詳しくご紹介します。

充電式カッターはグリップの反対側にあるヘッド部分にセイフティカバーで覆われた刃(ブレード)がついており、モーターの力でこの刃を回転させることで、シート状のものをスピーディかつ安全にカットしてくれるという電動工具です。マルチカッターなどとも呼ばれています。
使い方は簡単で、スイッチを入れたら刃をカットしたい材料に当て本体を前に進めるだけです。
回転するモーターの力でカットするため、使うのに力はいらず、また布やレザー素材など、普通のカッターでは切りにくい柔らかい素材も簡単に切ることができ、力の弱い方でも扱いやすいという特徴があります。
ネット通販などでたまってしまった大量の段ボールなども充電式カッターがあれば、効率よく処分することができ、お部屋の片づけにもとても重宝します。
充電式であれば、電源のない場所でも使用できるので、物置や玄関先といった作業しにくい場所で使用することも可能です。

充電式カッターの各部紹介

①ブレードガイド
カッター刃に切断する材料を安全に導く部分です。

②ブレード(カッター刃)
この刃がモーターの力で回転することで様々な素材を切断します。こちらの製品の場合、厚み5mmまでの素材をカット可能です。

③セイフティカバー
カッター刃から作業者の手や指を守る安全カバーです。

④ロックリング

カッター刃のあるヘッド部分はこのリング部を軸に360度回転します。その回転をロックする部分です。

⑤トリガースイッチ
トリガースイッチを手前に引くことでカッター刃が回転します。

⑥正転/逆転切り替えスイッチ

切り替えることで、カッター刃の回転方向が進む方向と戻る方向に反転します。

充電式カッターの使い方は簡単です。あらかじめ充電式カッター本体を充電し、カッター刃のついたカッターヘッドを本体にセットします。
スイッチを引いている間はカッター刃が回転し続けるので、そのまま本体ごと前に進めていくと、スムーズにカットが可能です。
回転するモーターの力でカットするため、ハサミやカッターではカットしにくいものでもスムーズかつスピーディにカットすることが可能です。

スムーズに切断するコツは、カッター刃の回転が鈍くならない程度の速度で本体を進めていくということです。途中で引っ掛かってしまった場合は、逆転切りスイッチに切り替え、カッター刃の回転を反転させるといいでしょう。
布やレザー素材など柔らかい素材の場合は、引っ張りながら本体を進めていくとスムーズにカットが可能です。
作業中グリップが邪魔で本体を進めにくいという場合はカッターヘッドを回転させて、カッター刃の向きを変えてみるといいでしょう。
充電式カッターは、電動工具ですが電動のこぎりのような騒音もないので、周囲に迷惑をかけることもなく室内でも安心して使用可能です。

壁紙やリメイクシートなど大きなシート類もキレイな直線でカットできるのも充電式カッターの特徴です。

このようにカッター刃はカバーに守られ露出していないため、安全に作業することができます。

カッターヘッドの回転方法

カッターヘッドは360度回転させることが可能です。重ねた段ボール、壁紙、カーペットなど、カットしにくい場合は、カッターヘッドを回転させて作業しやすい状態で使用します。

ロックリングを前方にスライドさせながらカッターヘッドを引っ張ると簡単に取り外すことが可能です。

カッターヘッドは360度、8方向に回転させることが可能です。

作業場所が狭い場合、このようにグリップを横に向けた状態で作業することも可能です。

DCM
充電式カッター T-RC36V

電源のない場所でも柔らかい材料をすばやく、安全に切断できる.
JANコード:4573489501116

Relation 関連記事

20220701162221