2022.05.20 室内壁にネジを打つための壁裏探知機の使い方

壁裏探知機の使い方
室内の壁にはネジが利く場所と利かない場所があります。インテリアや設備はどこでも好きな場所に取り付けられるわけではありません。その理由と適切な取り付け場所の探し方を、わかりやすく解説します。

最近の住宅は柱が壁の裏に隠れていて、どこに入っているのかが見ただけではわかりません。壁の裏はほとんどが空洞です。カーテンレールや手すり、耐震用の補強金具など、ある程度の重さがかかるものは、壁裏の空洞のところに取り付けたのでは強度が足りず危険です。安全にネジを使って壁にインテリアなどをつけるためには、柱などの下地材がある場所を選ぶ必要があります。
イメージしやすいようにまず室内壁の構造を簡単に解説してから、その探し方と専用ツールの使い方を解説しましょう。

壁に設備を取り付けるとき、見えない柱や間柱に対してネジを打つのは不安です。確実に作業ができるように、事前に室内壁の構造を知っておきましょう。
住宅で最も多いのが、石こうボードや合板の壁材に、壁紙を貼って仕上げたものです。この場合、壁の内部は空洞になっていて、縦方向に柱や間柱、横方向に胴縁という下地材が入っている構造が一般的です。
壁に収納棚や手すりなど、重さのかかるものを取り付ける場合は、これらの下地材を探してネジで固定する必要があります。あらかじめ下地材がどのような方向、間隔で入っているかがわかっていると、取り付ける位置を決めるとき、下地材を探すときに見当をつけることができてとても役立ちます。

一般的な壁裏の構造

一般的に、壁裏の柱と間柱はおよそ450mm間隔で立っていて、水平方向には300~450mm間隔で胴縁が入っています。ツーバイフォー工法の場合は、横方向の胴縁はありません。また、マンションなどのコンクリート住宅では軽量鉄骨の柱が使われていることが多く、壁材がコンクリートに直接張られていることもあります。

補強板のつけ方

棚などを取り付けたい位置に柱や間柱がない、また手すりのブラケットを取り付けるために間柱の幅が足りないといった場合は、補強板を利用する方法があります。まず下地のあるところに必要な長さの補強板をネジで固定し、その板に棚などを取り付ければ、下地からはずれた場所でもネジどめが可能です。

下地センサー

しっかりとネジを利かせたいときに、壁裏にある間柱などを探せるのが、「下地センサー」や「下地探し」と呼ばれる探知用の機器です。探知機には、電気的に探知するタイプと針で探すタイプがあります。
どちらを使う場合も繰り返し探知作業を行って、下地材の位置を確定することが大切です。高さを変えて2か所以上でチェックしてから、横方向の測定をして柱の幅も把握しておきましょう。

下地探し

センサータイプ(写真右)は、走査面についている電極で壁裏の状態の違いを読み取って、柱や間柱の有無を判定します。針タイプ(写真左)は、壁に針を刺して、抵抗となるものの有無によって柱や間柱を探します。

センサータイプの使い方

壁に当てて電源を入れ、横方向にゆっくり滑らせます。柱や間柱があると表示と音で知らせるので、その位置に鉛筆やテープで印をつけます。

次に反対側から本体を滑らせ、同じように探します。センサーが反応した位置に印をつけます。

2回の作業で印をつけたところが、柱や間柱の両端です。針タイプを使う場合も、両端を見つけて印をつけておきましょう。
2つの目印の真ん中あたりにネジを打つと確実です。壁材の厚さを計算に入れて、間柱に十分に食い込む長さのネジを使ってください。

針タイプの使い方

壁に強く押し付けると、先端に仕込んである針が突き刺さります。空洞の部分は針が深く刺さりますが、柱や間柱があるところは、手応えがあって針が止まります。横に移動しながら数か所に刺して、柱と中空部分との境目を探して位置を特定します。

使用商品

シンワ
下地センサー Home+ 電線探知 79152

壁裏の見えない下地の探知。
JANコード:4960910791527

シンワ
下地探し どこ太 Basic 35 mmMG 79025

壁裏の間柱を簡単・確実に探せる下地探しです。
JANコード:4960910790254

Relation 関連記事

20220518124846