2022.04.20 バリ取りや下地調整などの研磨効率をアップするサンダー

バリ取りや下地調整などの研磨効率をアップするサンダー
サンダーは木工作業の際に必要なサンディング(研磨作業)を、効率化してくれる便利な電動工具です。そんなサンダーの中でも、特に扱いが簡単で汎用性が高く、また細かな部分の研磨にも便利に使えるのがデルタサンダーです。その特徴や機能、さらに正しい使い方についてご紹介します。

サンダーは、サンドペーパーを取りつけたパッドを高速で振動させることで、ムラなく効率的に材料を磨くことができる研磨用の工具です。
木工では、木材を切断してできるバリを取ったり、角を丸く落としたり、塗装のために下地を整えたりと、研磨作業をともなう場面が多くあります。サンダーを活用すると、作品が棚やテーブルのような大型になるほど、製作時間の短縮につながります。
サンダーには、形状や動き方の違いにより、種類がありますが最初は、小型で扱いやすく、平面から狭い部分まで作業しやすいデルタサンダーを選ぶのが良いでしょう。
サンダーを使う研磨作業中は、材料からたくさんの微粉末が出ます。研磨面から直接、粉を吸い取る集じん機能のついている機種は、飛散を抑えることができおすすめです。

①スイッチ
オンとオフを切り替えます

②パッド
サンドペーパーを取りつける部分。クッション性のある素材でできています。

③バッテリー
コードレスタイプは、充電式バッテリーを電源としています。

④集塵ポート
研磨面で出た木粉を吸い集める集塵機を接続します。

⑤LEDライト
作業中手元を照らしてくれるLEDライトです。

デルタサンダーは他のサンダーに比べると本体がコンパクトなため、木工作業の過程でよくあるバリ取りや面取りなどの細かい作業、塗装前の下地調整などに手軽に使えます。
鋭角な先端は、ていねいに研磨することにも向いています。小さい家具などをつくるなどの木工作業には、万能に使えるデルタサンダーがおすすめです。
デルタサンダーは先端が鋭角になっているためこのような狭いスペースでもスムーズに研磨することができます。

デルタサンダーは片手でも簡単に扱えるので、木材を手で持って、カット面を整えるような作業ではとても便利です。

サンダーはパッドが高速で振動し、底面に取りつけたサンドペーパーによって木材を研磨します。塗装はがしや、荒削り、仕上げ磨きなど作業にはそれら作業に適した番手のペーパーを使います。
研磨力が落ちたペーパーは早めに交換するほうが、効率よく作業できます。デルタサンダーは、専用のサンドペーパーを使うものが一般的です。サンドペーパーは、パッドの底面に面ファスナーで取りつけできるようになっていて、簡単に着脱できます。

サンドペーパーの取り付け方

底にあるパッドの面ファスナーにサンドペーパーを貼り付けて使用します。

サンドペーパーの取り付け方

このようにパッド面に上から被せるだけで取り付けることができます。底面の穴から研磨で出た木粉を吸い集めます。

デルタサンダー用のサンドペーパーは専用のものでこのようにパッドの形にカットされています。目の粗さには粗目、中目、細目など、目の細かさが違う数種類が用意されています。
また、裏面に#60、#120、#240などの数字が書かれているものもあります。この数字が大きいほど目が細かく仕上がりが滑らかに、小さいほど目が荒くスピーディに研磨ができます。

使用商品

DCM
DCM 10.8V 充電式 サンダー セット【DCMオンライン限定】 T-PS108V-SET

【DCMオンライン限定販売】バッテリー、充電器付きセットです。
JANコード:4573489611471

DCM
サンディングペーパー #240 T-SP2403P

充電パームサンダー専用サンディングペーパー(木工用)です。
JANコード:4573330695865

DCM
サンディングペーパー #120 T-SP1203P

充電パームサンダー専用サンディングペーパー(木工用)です。
JANコード:4573330695858

DCM
サンディングペーパー #60 T-SP603P

充電パームサンダー専用サンディングペーパー(木工用)です。
JANコード:4573330695841

Relation 関連記事

20220414164552