2022.04.20 壁を彩るウォールシェルフを作ろう!

ウォールシェルフ
これまで使えていなかった空間を活用したい。雑貨やコレクションを並べて、壁を好きなもので飾りたい。こうしたニーズにぴったりなのが、壁に直接取り付けるウォールシェルフです。取り付けは壁にネジで固定するだけと簡単。スペースやインテリアに合わせて、オリジナルのウォールシェルフを作ってみましょう。

パイン集成材:15×150×900mm 1枚
桐材:12×30×200mm 2枚
   12×30×150mm 4枚
ミルクペイント(デキシーブルー、スノーホワイト)
アイアンペイント(ブラック)

棚受けを作るところから、壁への取り付けまでを紹介します。棚板は集成材を汚し塗装という方法で変化をつけておしゃれにペイント。棚受けは木材を組み立てた後、ペイントでアイアン調に仕上げます。

棚板を塗装する

棚板をミルクペイントのデキシーブルーで塗装します。平らな広い面の塗装は、ローラーバケを使うと、速く、きれいに塗ることができます。

ローラーで棚板を塗装します。ローラーを使うときは、軽くしごいて余分な塗料を落としておくのが、厚塗りにならないコツ。塗り残しやムラができないように、まんべんなく塗料を伸ばしましょう。

下塗りが十分に乾いたら、ミルクペイントのスノーホワイトで汚しを入れます。キッチンペーパーに塗料をつけ、さらに水を含ませて塗料を薄く伸ばした状態にして準備。それを軽く叩くように使って、薄く少しずつ色を載せていきます。

主に角や縁の近くに白色の汚しを入れていきます。

棚受けを作る

棚受け1つ分の材料は、長さ200mm×1枚、150mm×2枚(1枚は両端を45度にカット)です。

木工用接着剤と38mmのミニビスで棚受けを組み立てます。最初に200mmと150mmの木材をT字に組み付けておき、その2本の間にはめ込むように150mm(45度カット)の木材を固定します。同じものを2つ作りましょう。

組み立てた棚受けを、アイアンペイントのブラックで塗装します。持ちやすいサイズにカットしたスポンジに塗料をつけ、軽く叩くようにして塗料をつけていきましょう。

塗り終えて、すっかりイメージが変わりました。この塗料は少しずつ厚みをつけるように塗ると、ぽってりとアイアンらしい仕上がりになります。

壁に棚を取り付ける

壁に棚を取り付ける

棚受けは、壁の裏側に柱や間柱という下地材が入っている場所に、しっかりネジどめする必要があります。壁裏探知機で下地材が入っている位置を見つけ、棚受けの取り付け場所を決めましょう。

壁に棚を取り付ける

壁に棚受けを取り付けるときは、最初に1か所をネジどめして取り付け位置を決めたところで、水平器を使って垂直を確認します。

棚受けが垂直になった状態でもう1か所をネジどめして、片方の棚受けを壁に固定します。

固定した棚受けに棚板を載せ、片側を手で支えながら水平になった位置に印をつけます。この高さに合わせて残った方の棚受けを壁に固定しましょう。

最後に棚受けと棚板をネジで固定したら、ウォールシェルフの完成です。

折り畳み機能を備えた棚受けを使うと、畳んで収納できるウォールシェルフを作ることができます。大きめの棚板を取り付ければ、家事の作業テーブルや在宅ワークのデスクとして、必要なときだけ天板を広げられる省スペースデスクとして便利に使えます。

【折り畳み式棚受け金具】
斜めに入っている支えパーツの関節部分を手で押すと、固定が解除されて折り畳むことができます。

作業台としても使える折り畳み棚

椅子に座って作業する家事用テーブルや簡易デスクとして使う場合は、天板の上面が床から70〜75cm程度の高さになるように取り付けます。お子様用に作る際は、着座姿勢にあわせて取り付けましょう。

作業台としても使える折り畳み棚

折り畳んでおけば、普段の生活をじゃま邪魔しません。リビングやキッチンのスペース利用に使えるアイデアです。

使用商品

ターナー
ミルクペイント DIXブルー MK450057 450mL

原料にこだわった本格派オリジナルペイントです。
JANコード:4993453040579

ターナー
ミルクペイント Sホワイト MK450001 450mL

原料にこだわった本格派オリジナルペイントです。
JANコード:4993453040012

ターナー
アイアンペイント 200ml IR200009

塗るだけで鉄や金属のような質感を表現できる水性ペイントです。
JANコード:4993453111309

TANNER
折りたたみ棚受け

使わない時はたためます
JANコード:4949541103107

Relation 関連記事

20220414161144