2022.04.08 ブレード交換で切断、研磨、剥離ができるマルチツール

ブレード交換で切断、研磨、剥離ができるマルチツール
マルチツールはその名前の通り1台で切断や研磨、剥離などといったマルチ(様々)な作業が行える便利なツールです。比較的最近に誕生したもので先端部分の替刃を交換することで、様々な作業を効率よく行うことが可能です。 目新しい電動工具のため、どのようなものがご存じない方も多いと思いますが、そんなマルチツールに関して、どのようなツールなのかその機能や使い方などについてご紹介します。

切断、研磨、剥離などといった作業を一台でこなすことができるのがマルチツールです。一般的な電動工具のように回転や振幅運動によってブレードや研磨パッドを作動させるのではなく、振り子運動によって刃を細かく振動させることで様々な作業を行うのがマルチツールです。
振り子運動なので、ブレードが稼働する幅がとても小さく、作業スペースが限られた狭いスペースでも使用が可能です。そのため壁のキワの切断や窓抜き、すき間を埋めているシーリング材の除去などにとても便利に使えます。
すでに替えのブレードも様々な材質、形状のものが販売されており、木工、金属、タイルなど幅広い素材の切断や研磨などが可能です。
さらに、ブレードが回転する丸ノコなどの場合、使用中にキックバック(ノコ刃が木材に挟まり反動で丸ノコが進行方向と逆に跳ね上がる現象。)が起こることもありますが、マルチツールのブレードはキックバックや巻き込みが発生しないという特徴があります。そのため比較的安全性の高い電動工具ともされています。
ただし、マルチツールによる切断能力は丸ノコやジグソー、レシプロソーなどに比べてあまり高くないため、DIYの際に木材を寸法通りにカットするという作業にはあまり向いていません。狭いスペースでの研磨や穴あけ、窓抜きなど適した用途を見極めて使用することが大切です。

マルチツールの各部紹介

①スイッチ
電源のオンとオフの操作をします

②レバー
ブレードを固定しているフランジボルトの固定と解除を行います。

③速度調整ダイヤル
ブレードの往復運動の速度を6段階で調節します。

④ブレードホルダー
ブレードを装着する場所です。ブレードはフランジボルトで固定します。

⑤ブレード
マルチツールの先端部品でこの部分が細かく往復運動をします。材料の種類や作業内容によって適したものに交換します。

⑥バッテリー
コードレスタイプは、充電式バッテリーを電源としています。

本体背面のレバーを反時計回りに目いっぱい回します。するとフランジボルトの固定を解除できるのでフランジボルトを押しながら時計回りに回して抜き取ります。
交換するブレードをブレードホルダーの突起に合わせて装着し、フランジボルトを取り付けて押しながら反時計回りに回しブレードを固定します。背面のレバーを回して元に戻したらブレードの交換が完了です。

ブレードの交換方法

ブレードの交換にはまず本体背面のレバーを反時計回りに目いっぱい回します。そしてその状態をキープします。

ブレードの交換方法

フランジボルトの固定が解除されるのでフランジボルトを押しながら時計回りに回して抜き取ります。

ブレードを取り外します。

ブレードホルダーの突起とブレードのスリットを合わせて装着したらフランジボルトを戻し、押しながら反時計回りに回します。

本体背面のレバーを元に戻したらブレードの交換完了です。

マルチツール用のブレードには様々な種類があります。規格としてはスターロックと呼ばれるものが一般的で、レバー操作だけでブレードを簡単確実に交換できるとても便利なシステムです。そしてこの規格に合ったブレードが現在は多数販売されています。
まず、金属や木材、モルタル、FRP、タイル、コーキング材など幅広い素材にあったブレードがあり、また切断用、切削用、研磨用、スクレーパーなど用途によってもブレードは変わってきます。
マルチツールはその名の通り、幅広い用途に対応できる工具だからこそ、どのような目的に使うのか明確にした上で最も適したブレードを選ぶことが大切です。

こちらがマルチツール用のブレードです。上段左から右へ木材・レンガブロック研磨用、木材切断用、クロス・フロア用スクレーパー。下段左から右へ、タイル・レンガブロック切断用、木材切断用、金属切断用です。

小型の切断用ブレードを使うことでこのように簡単に石膏ボードに四角い窓抜きが行えます。

先端は往復運動するだけなのでこのような箱の中のキワの切断や研磨もできます。

スクレーパーに交換すれな、ブレードの細かな振動によって接着剤で強固に貼り付いたフロアタイルなども簡単にはがし取ることができます。

Relation 関連記事

20220407130321