2022.04.08 木や紙、金属にプラスチック。なんでも接着できるグルーガン

木や紙、金属にプラスチック。なんでも接着できるグルーガン
グルーガンは専用のスティックをヒーターの熱で溶かし、これを接着剤として使用するためのツールです。グルーガンを使用すれば木や紙、金属にプラスチック、布地などちょっとしたものを素早く接着することができて十分な接着強度も得られます。それでいて一度つけたものを簡単に取り外すことも可能です。 DIYに限らず手芸や各種工作、アクセサリー作りなどにも幅広いホビー分野で使用されているそんなグルーガンについて、その使い方や機能をご紹介します。

グルーガンは、樹脂でできた専用のグルースティックを装着して、それをグルーガンの内部で発熱させたヒーターによって溶かしながら使用する接着用のツールです。
接着力はあまり強くはありませんが、通常の接着剤よりも素早く接着ができるためDIYなどでは仮止めなどにも便利です。また、プラスチックや金属、木材、ガラス、布、革、紙など異なる素材どうしでも接着できるのでDIYから手芸、アクセサリー作りに模型作り、各種工作など幅広い用途に使えます。
また、再加熱してグルースティックの樹脂を溶かすことで、一度接着したものを取り外すことも可能です。
グルーガンには低温型と高温型がありますが、接着力は高温型の方が強いとされています。しかし低温型でもホビー用途なら十分でしょう。
接着剤はグルースティックやホットメルトといいます。グルースティックは使用するグルーガンに合わせて高温タイプと低温タイプがあります。
また、太さも7mmと11mmがあるので使用するグルーガンに合ったものを選ぶ必要があります。

グルーガンの各部紹介

①ノズル
トリガースイッチを引くとこの先端から溶けたグルーが出てきます。

②トリガースイッチ
引くことでグルースティックを先端に送り出します。

③通電/充電ランプ
電源ケーブルをつなぐと充填中は赤が、充電完了時は緑が点灯します。

④電源スイッチ
長押しすると電源が入りヒーターが温まります。

⑤スタンド
引き出すことでスタンドになり、グルーガンを立てておくことができます。

⑥充電用USB端子
充電用の電源アダプターを接続する端子です。コード式のものもあります。

⑦グルースティック挿入口
ここから市販のグルースティックを挿入し、本体に押し込みます。

充電をしておいたグルーガン本体に、専用のグルースティックをセットしてしっかり奥まで差し込みます。次に電源をオンにして、スティックが溶ける温度まで数分ほどグルーガンのヒーターが温まるのを待ちます。
ヒーターを温めている間は先端から溶けたグルーが流れ出ることがあるのでノズルは下に向けた状態にしてください。スタンドを使うといいでしょう。
グルーガンが十分に温まったらノズルを接着したいものにあて、トリガーを引いて溶けたスティックを押し出します。
出てきたグルーを材料につけたら接着したいものどうしを密着させたらそのまま完全に固まるまで1分ほど待ちます。これで接着完了です。
使い終えたらグルーガンのノズルを下に向けておきましょう。グルーがグルーガンの内部に逆流して故障の原因になりますので注意してください。

グルースティックを本体にセットします。奥までしっかりと差し込んで下さい。

電源スイッチを長押しします。こちらのグルーガンの場合80%以上充電されていると電源ランプが緑に点灯します。

電源がオンの状態でしばらくヒーターが温まるのを待ちます。温まるのに1~数分かかります

ノズルを接着したいものに向けトリガースイッチを手前に引いて溶けたグルースティックを押し出します。

接着したいものどうしを密着させ1~2分ほど待つとグルースティックが冷えて固まり接着されます。

グルーガンを使うと、木材と布といった通常の接着剤では接着しにくいものどうしでも簡単に接着可能です。

グルースティックはグルーガンに合ったものを使いましょう

グルーガン用のグルースティックにはいくつか種類があります。主な違いはグルースティックの溶ける温度と、グルースティックの径によるものです。
低温タイプグルースティックの場合、スティックが溶ける温度が約120〜135度ですが、高温タイプは約160〜180度です。低温タイプのグルーガンに高温タイプのグルースティックを使用すると温度が合わずうまく溶けず使えません。
逆に高温タイプのグルーガンに低温タイプのグルースティックを使用した場合、グルースティックを溶かすことができるので使用可能です。
DIY用のグルーガンは低温タイプのものが多いので高温タイプのグルースティックではなく低温タイプのものを選ぶようにしてください。
またスティックの径に関しても、DIY用は7mmタイプが一般的です。グルースティックを入手する際は径を間違えないようにしましょう。

こちらは一般的な低温タイプ、7mm径のグルースティックです。白いものだけでなく色のついたスティックなどもあります

Relation 関連記事

20220405192542